心意気の僧帽筋

初めてのウルトラマラソン完走後に湧いてきた承認欲求を満たす為に始めたブログ。嫌いな言葉は断捨離。ブログ記事を投稿しないで、ブログ名だけ変えるのが癖。

ネパール旅行記 その2 トレッキング

超スローペースで書いてる旅行記。段々記憶が薄れてきた気がする。
f:id:karaageakiratan:20180330102915j:image

 早朝、空港が入り口で門が開くのを待つ。

ルクラ行きの一番乗り飛行機狙いか。



f:id:karaageakiratan:20180330102954j:image
空港の待ち時間。寒い。売店でインスタントコーヒーを購入。ホテルでいただいた弁当が朝食。


f:id:karaageakiratan:20180330103032j:image

 飛行機が沢山並んでる。


f:id:karaageakiratan:20180330104224j:image

 ルクラ行きの小型機。コクピットに近い席。搭乗するときに客室乗務員が飴をくれる。


f:id:karaageakiratan:20180330104240j:image

 空からネパールを見てみよう。


f:id:karaageakiratan:20180330104259j:image

 ルクラ着。近所のスーパーの駐車場の方が広いのではないかというレベルの滑走路の短さに驚愕。多分、短い滑走路は着陸の時上り坂になっているので減速しやすいと思う。

離陸時は下り坂の滑走路でそのまま崖っぷちに飛び立つかんじかな?

ググると世界一危険な空港だとか出てくる。


f:id:karaageakiratan:20180330104325j:image

 メラピーク方面。


f:id:karaageakiratan:20180330104341j:image

 


f:id:karaageakiratan:20180330104409j:image

ルクラは端から端まで1キロ程度で土産物屋やカフェがある。

 
f:id:karaageakiratan:20180330104428j:image

 


f:id:karaageakiratan:20180330104450j:image


f:id:karaageakiratan:20180406164606j:image

 仏塔とヌプラ。


f:id:karaageakiratan:20180406164620j:image

初めて使う望遠レンズ。


f:id:karaageakiratan:20180330104513j:image

 エベレスト街道。入り口。


f:id:karaageakiratan:20180406164748j:image


f:id:karaageakiratan:20180406165214j:image

ロバが沢山通るので、山側で待機。道には糞が沢山ある。同じツアー参加者でお医者さんがいたけど、その人が言うにはロバの列が通った砂埃には大腸菌が含まれてるのでマスクをした方が良いとのこと。確かに現地の人でもスカーフで顔を覆ってる人はいる。

僕はネパールの空気を良くも悪くも味わいたい気分だったのでノーガードで歩いた。


f:id:karaageakiratan:20180406165605j:image

ゾッキョに寝袋と着替えなど大きい荷物を運んでもらう。



f:id:karaageakiratan:20180424135005j:image
ホットマンゴージュースとヌードル。食べやすい昼食。


f:id:karaageakiratan:20180424135106j:image

ヌードル食べてからのパンとポテト。昼食にしては重い。出された料理は残さず食べるべき派なので、今回のトレッキングで体重増。


f:id:karaageakiratan:20180424135556j:image


f:id:karaageakiratan:20180424135633j:image


f:id:karaageakiratan:20180424140641j:image


f:id:karaageakiratan:20180424140654j:image


f:id:karaageakiratan:20180424140716j:image


f:id:karaageakiratan:20180424140736j:image

とりあえず、パシャパシャ撮ってみた。

 

f:id:karaageakiratan:20180424140946j:image

手作業で石を切ってる。


f:id:karaageakiratan:20180424141109j:image

クスムカングル6,397m

f:id:karaageakiratan:20180424140831j:image

シェルパビール。缶ビールはロングしかなかった。


f:id:karaageakiratan:20180424141338j:image

バクティン2652m

青い屋根のロッジが宿泊地

 
f:id:karaageakiratan:20180424141546j:image

夕飯はダルスープと米。チンゲン菜炒めが毎食あった気がする。

 

ネパール旅行2日目終わり。

 

 

 

ネパール旅行記 その1 旅行のきっかけ

公園で二人の女の子の会話が耳に入ってきた。

「大人になったら何したい?」

「かばやきやさんを探したい!」

 なんかこのやりとり好き。特に意味はないけど。

 

年末年始にネパールのトレッキングツアーに参加したのでブログに書きます。

 

参加したきっかけは登山のガイドツアーで山岳ガイドとの会話の中で、

「今の時代、ググればネパールのトレッキングなんて現地の安いツアーが沢山出てくるよ。」

「日本語通じるし、空港で待っててくれるから簡単だよ。」

ネパールのトレッキングは自分が思ってるより簡単に参加できる事を知り、無性に行きたくなった。

ネット検索して、一番上に表示される日本の老舗秘境ツアー会社に申し込んだ。割安かどうか他と比較してないのでわからないけど、10日間で総額40万円程度(年末年始価格)だろうか。どうせ一生に何度も行けるわけじゃないし、自分で航空チケットを手配して現地のツアー会社に申し込むなんて自分にできる自身がなかったので、40万円払ってもまあいっかってかんじで参加した。

 

山岳ガイドさんのアドバイスだとアンナプルナ周回がおすすめと言われた。エベレスト街道の場合、行って同じ道を戻ってくるけど、アンナプルナ方面の周回トレッキングなら全行程楽しめるのではないかと。そこでアンナプルナ周回トレッキングを申し込んだ訳だが、自分以外に参加者がいない為、旅行会社から個人旅行にするか他のツアーに変更するか提案されたので、予算の兼ね合いで他のツアーに変更した。

結果、参加したのはシェルパと行くゆったりエベレスト展望ツアー。

まあエベレストが見れるなら良いかと妥協した。

旅行に行く前に知人に年末年始はネパールに行くと言うとだいたいエベレスト行くの?って言われたので、「うん!見に行く!」と即答できた事は良かったと思う。

 

2017 12/29から10日間行きました。

12/29は朝7時成田集合だったので、名古屋からだと当日の始発の新幹線に乗っても間に合わないし、前泊するのも宿泊費がかかりそうだから、前夜発の夜行バスで行くことにした。当日の朝5時に新宿について山手線に乗り日暮里でスカイライナーに乗換て6時半頃成田着。朝5時過ぎなのに新宿から乗る人が多くて田舎者俺びびる。


f:id:karaageakiratan:20180228095346j:image

日本からネパールって直行便がないそうだ。

まずは仁川国際空港へ。9:10成田発。

 


f:id:karaageakiratan:20180228142956j:image

ちなみに大韓航空


f:id:karaageakiratan:20180228143054j:image

仁川で1時間半ほど待ちで、美味しそうなサンドイッチとベリージュースを購入。日本のコンビニサンドイッチとは違い切り口以外も具がサンドされてたけど、日本のコンビニの方が美味しいと思った。



 

仁川からカトマンズ行きの便の乗客はほぼ韓国人。隣の席の韓国人のおじさんがグループが盛大に酒盛りを始める。ナッツの袋やビールの空き缶を床に捨てるスタイル。実に不快だった。



f:id:karaageakiratan:20180228144136j:image

カトマンズに到着。トリブバン国際空港。

預けた荷物が出てくるの遅いことで有名とのこと。30分くらい待つつもりで、1時間待っても出てこなかったらクレームを入れよう。

出口で現地添乗員がお出迎え。

 

この日はアンバサダーホテルという所で宿泊。現地時間の7時半到着。ツアーの申込の時相部屋OKにしたので、この日から8泊60代の男性と同じ部屋に寝ることに。これぞ旅の醍醐味。非日常。想定外だったのは部屋のキーを一つしか貰えなかったこと。行動も共にしろってことか。意外と不自由しなかったけど。


f:id:karaageakiratan:20180303103658j:image

この日の夕飯はネパールの定番のダルスープ。いろんなものを煮込んだ味。いろいろ入りすぎて何が入ってるか分からない味。どんな味と聞かれても答えようのない味。強いて言うなら。豆をペーストしてチキンで煮たような感じ。僕のバカ舌はあてにならないが。

 
f:id:karaageakiratan:20180303104040j:image

カレーじゃないんかい。

 

ネパール初日夕飯を食べ、トレッキングの荷造りして就寝しておしまい。

モリコロパークでフルマラソン


f:id:karaageakiratan:20180213105221j:image

愛知万博から12年が経ったのかと時の流れを感じさせてくれる公園がモリコロパーク。マラソンの行事以外でまるで訪れる機会がない。最近は近くにIKEAができたのでモリコロパークの駐車場に車を停める人がいるとかいないとか。

あの頃は街中にモリゾーとキッコロのイラストが掲示されていた憶えがある。モリゾーの虚ろな目つきが印象的で、モリゾーの名前の由来は森を破壊したら○すぞうという都市伝説が蔓延したとかしないとか。

そんなモリゾーとキッコロモリコロパーク内でもなかなかお目にかかれないほど露出が減ってしまった。公園内で唯一発見することができたモリゾーとキッコロを12年前の風貌とは若干異なり、虚ろな目でなく優しい笑顔になって、キッコロは心なしか身体が四角くなったような。12年も経てばキャラクターだって歳をとるということなのかな。

モリコロパークジブリパークに整備するという構想が出てきて、もし実現すればモリゾーとキッコロの存在は人々の記憶から完全に失われてしまうのではないだろうか。

そして、もう一つの懸念材料がモリコロパークで頻繁に催されるランニングイベントがジブリパークになれば出来なくなるということ。愛知県は男子が参加できるフルマラソンが少ない。別に名古屋ウィメンズマラソンに文句を言ってる訳じゃないけど。

近年はランナー人口が増えたせいもあってか、初心者向けのイベントが多いモリコロパークが変わってしまうのは寂しいな。

 

ネパールの土産

土産といえば菓子や雑貨などが多いと思うけど、旅先の雰囲気を思い出させてくれる音楽を買うというのはどうだろう。

最近行ってきたネパールでは、土産物屋さんやチベット料理屋さんで延々と流れてる「オム・マニ・ペメ・フム〜 オム・マニ・ペメ・フム〜」一曲25分らしい。とてもスピリチュアルな気分にさせてくれて耳に残る音楽。

 
f:id:karaageakiratan:20180127125922j:image


f:id:karaageakiratan:20180127125931j:image

CDが売っていたので買いました。

曲名はもちろんOm・Mani・Padme・Hum

https://youtu.be/bbgHZWwyhcQ

 

まあ、YouTubeでも聞けるけど形として欲しいよね!僕は500円で買ったけど、250円で買えた人もいたし、ネパールの土産にオム・マニ・ペメ・フムをお薦めする。

 

一度やってみたかった高地トレーニングをネパールでやってきた


f:id:karaageakiratan:20180117103648j:image

 

年末年始にネパールにトレッキング旅行に行ってきました。

最近、旅行先や出張先でランニングをするというのが密かにブームだと自分で勝手に思い込んでいるわけで、自分もその波に乗って初めて海外でランニングしてみました。

場所はネパールのルクラという村。標高2860

メートル!

端から端まで1kmほどで2往復してみた。5日かんトレッキングした後だったので身体が順応できたと思い調子に乗ってランニングしてみたけど、すぐに息切れしちゃう。路上で遊んでる小さな子供もキャッキャッ言いながら追いかけてきた。

ヘモグロビンの量増えたかな?

今年のレースに活かしたい。

お団子特集

大人になると食べ物好みが変わったりするものだけど、自分が子供の頃から変わらず好きなのが串に刺さった団子。

 

子供の頃によくスーパーの買い物の土産に団子を買ってきてもらって食べた記憶がある。

 

大人になった今は行楽地に行って、団子があると買いがち。食べ歩きしがち。

 

 

養老の滝の焼き団子


f:id:karaageakiratan:20171115201454j:image


f:id:karaageakiratan:20171115201520j:image

 

養老の滝で駐車場から滝までの徒歩での道の途中で、歩いていると視界に入る団子。

こんなのを目にしたら、団子好きは有無を言わさず買うこと間違いなしでしょ。やや大ぶりで満足感が得られる。駐車場から片道30分ほど急な登り坂を歩くので、ハンガーノック対策として買うのも良いかと。

 

おかげ庵のおだんご

f:id:karaageakiratan:20171115202925j:image

 
f:id:karaageakiratan:20171115213437j:image

コメダ珈琲が展開する和風喫茶のおかげ庵のメニュー。自分で焼くスタイル。喫茶店というのもあって、お茶を飲みながら会話がはずむと焼きすぎてしまいがち。

 

 

おつとめ品の団子

 
f:id:karaageakiratan:20171115213852j:image

コスパ最強3本で68円(税別)。1本あたり22.7円(税別)。甘いタレがたっぷりかかっていて、団子はモチモチで味も文句なし。

スーパーの買い物終盤でカゴに入れがち。

 

 

恵那峡のくるみ五平餅

f:id:karaageakiratan:20171115214757j:image

団子ではないが見た目がみたらし団子にしか見えないので……

恵那峡遊覧船乗り場に漂う醤油を焼いた香ばしい香り。遊覧船の出港時間の待ち時間にやることがないので、五平餅を食べて時間をつぶしがち。

 

 

スマホの画像フォルダを眺めてたら、団子の写真が意外とあったので記事にしてみました。

○○は人生の縮図でググるとだいたいある説。

マラソンは人生の縮図ってよく聞くよね。登山やテニスでも書籍やネットでみたような気がするし、ほとんどの趣味は人生の縮図って言われているんじゃない?

やっぱり水戸黄門人生楽ありゃ苦もあるさが日本人に定着しているせいでしょうか。

誰でもスポーツをすれば楽と苦に出会うのは必然。スポーツでなくても目標をもって、達成するまでの道のりは楽ありゃ苦もあるからね。

まあ人生観は人それぞれなわけだから、○○は人生の縮図だと聞いてもそれがどうしたって感じだけど。ブログタイトルを人生の縮図にしました。

 

ブログタイトルに深い意味をこめたつもりはないし、人生観について大それたこと記事にする予定はない。

 

趣味なんてなくても充実した人生を送ることもできるだろうし、休みの日もわざわざ外に出かけないで家でゴロゴロしているのも幸せだと思う。

 

日曜は朝、目が覚めてテレビをつけるとワイドナショーが放送していて、朝ごはんを食べてミライモンスターを見て。洗濯して、スマホをいじって、そこまで言って委員会みて、買い物行って、夕方のニュースみて、もやさまみて鉄腕ダッシュ見てイッテQみてドラマみて一日が終わる。これもまた人生ではないでしょうか。

みうらじゅんさんが人生は死ぬまでの暇つぶしとおしゃってたので、休日にゴロゴロして過ごすのも人生の縮図でしょ。

 

まあ、それがどうしたって話。