読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

登山とウルトラマラソンとテニスと釣りと

初めてのウルトラマラソン完走後に湧いてきた承認欲求を満たす為に始めたブログ。マラソンガチ勢ではないのでマラソンネタがなく、主に登山記録を書いてる。

12分間走トレーニング

マラソン 登山

ウルトラマラソンのトレーニングってロングランがメインじゃん。飽きてくるよね。しかもロングランは時間がかかる。習慣的に映画一本分の時間をランに費やすなんて、有意義な時間を過ごしているのかと疑問に思うわけだし……  そこで、マンネリ化したトレーニングにちょっとスパイスをとやってみたのが、12分間走

 

クーパーテスト - Wikipedia

 

12分間全力で走って、距離を測定するといういたってシンプルなものです。

クーパーテストっていうですね。最大酸素摂取量が予測できるという。

 

12分間走を知ったきっかけは、山岳ガイドさんにヒマラヤなどの高所に行くときに、日本でどのような準備をしたのか訪ねたときの回答が12分間走だったわけです。

最大酸素摂取量が多ければ高山病になりにくいということかな。僕は3000m級山に行けばほぼ毎回頭痛になる程度の体質なので、この12分間走はマラソンに限らず、登山に活かせるのトレーニングではないかと気持ちが高ぶる。

で、やってみたんだけどめっちゃキツイ…… 12分間全力で走るのは、10キロを1時間かけて走るよりキツイ。

これほど、心肺を追い込んだのは学生の頃の体力測定の1500m走くらいではないか。

 

結果は2670mでした。近所のまあまあ平坦な公園で距離測定はナイキのアプリを使用。

 

参考までに

100kmマラソンをギリギリ完走できた。僕の12分完走は2670mでした。

根拠はないけど、ウルトラマラソンを走るなら3000mくらい走れた方がいい気がするので、12分で3000mの目標でトレーニングすることにした。月間走行距離にとらわれず、練習目標を設定すると楽しいよね。

 

 

 

 

この記事を書いてたら思い出したけど、漫画版孤高の人の5巻でVO2MAX(最大酸素摂取量)の測定の話があったね。標高6000mレベルの低酸素で12分間全力で走らされるという…… 拷問ですな……

名古屋の至宝どて煮はローソンでも食べられるじゃないか。

グルメ 生活

名古屋の至宝どて煮がセブンイレブンで超手軽に食べられるようなった - 登山とウルトラマラソンとテニスと釣りと 

ちょっと前にセブンイレブンのどて煮の記事書いたけど、ローソンにもどて煮があるじゃないか。


f:id:karaageakiratan:20170125223835j:image

ローソンの惣菜コーナーの一番はしに陳列されていたどて煮。

セブンイレブンのどて煮と比較したい所だけど、メインの具が違うから比べようがないんだよね。セブンイレブンは牛スジローソンは豚もつ。


f:id:karaageakiratan:20170126192205j:image

そろそろきのことたけのこの抗争みたいに、東海地方の人々はどて煮の具に相応しい肉は牛スジか豚もつか議論すべきではないか?


f:id:karaageakiratan:20170126192022j:image

ちなみに、自分は幼いころから祖母が作った豚もつのどて煮で育ったので、豚もつ派だね。牛すじより脂が少なくて固くて臭みがあるけど、それがいいよね。

f:id:karaageakiratan:20170126192102j:image

こんにゃくは3つ入ってました。

 

結論。牛すじのどて煮が食べたかったらセブンイレブンへ、豚もつのどて煮が食べたかったらローソンへ行こう。

ただし、東海地方に限る。

 

体毛の話

今日ね、とある講習の待ち時間に青空を眺めながら気がついちゃったんだよね。

自分の身体の中で一番長い毛は陰毛だってことに。

自分の髪型は1㎜~3㎜のフェードカット。脇毛と脛毛は2~3㎝程度にカットしてるし、髭も伸ばしてないし、体毛が薄い体質なので、腕毛や胸毛もないから、一番長い毛は5㎝くらいの長さの陰毛だなって。

つまり、自分の家で3㎝より長い毛があったら間違いなく陰毛なんだよね。

排水口の掃除はラクだけどね。

 

あれ?もう一ヶ所未処理な毛があったぞ。

 

ケツ毛だ。ケツ毛の長さを計測した経験はないし、じっくり自分のケツ毛を観察した経験はない。もしかしたら、チン毛より長いケツ毛が存在するのかもしれない。

嫌だなー。部屋にケツ毛が落ちてたら。絶対ウンコがついたやつじゃん。

 

それでは早速。「オッケー。グーグル!」「ケツ毛 処理 」

 

 

 

アイ・イン・ザ・スカイは見ごたえあり。ネタバレあり

しょーもない考察 映画

マラソントレーニングや登山記録を書くために始めたブログもブレまくりで映画の感想を書く始末。

 

TOHOシネマズのマイルが年末で失効することに気がつき、去年の暮れに慌ててマイルを1ヶ月フリーパスポートに交換したものの特にみたい映画もなく、前情報もなく時間の都合で観たアイ・イン・ザ・スカイが予想外に面白かった。

 

この映画の魅力って、スリリングでまどろっこしくて、現実でもありそうな話で、後味が残る内容で、とにかく時間を忘れさせるレベルで夢中になる作品。

 

テクノロジーの進歩で戦争もここまで来たのか!?無人偵察機でミサイルを発射するのは分かるけど、何だあのカナブンみたいカメラは!? 実際にあるのか? 無人偵察機が虫サイズまで小型化してるのか? あそこまでできるなら、そのうちコナンくんの麻酔銃みたいなやつを搭載して、標的を毒殺できそうだけどね。

 

あと、冒頭で出てきたヘレンミレン大佐の自宅にある大型のコルクボードに壁いっぱいに写真と相関図みたいな線がびっしり。

あれ映画でよくあるよね!大佐の標的に対する執念みたいな思いを表現したかったのかな?

英語わからないけど、ヘレンミレン大佐に命令された人たちって、マムって呼んでなかった。物語の終盤でマムがカーネルに変わったシーンも印象的だった。

 

80人の命を救うために1人の少女を犠牲にする判断は正しいのか?

戦争には民間人の犠牲が出るのは当たり前だと言ってしまえばそこまでだけど、この決断ができるのか?発射ボタンを押せるのか?

もし、少女が犠牲になったことが問題になれば誰が責任をとるのか?偉い人たちが話し合って決めたことなので、個人に責任をとらせることはできないのか、国の一番偉い人に決めてもらおうにも、連絡がとれない。急を要するに時はどうするの。予め予測してた事態と異なり前例がない場合はどうするのか?皆で話し合いが必要である。

どんなにテクノロジーが進歩しても、発射ボタンを押すのは人であることに変わりがない。安全な場所からボタンを押しても犠牲はあるのかな。

もういっそのこと、不足の事態はAIに決めてもらう!そんな時代が来たりしてね。

 

サブタイトルが世界一安全な戦場だったけど、虫カメラを操作する人だけ危険な所にいたね。この虫カメラ操縦士がかなり有能。作戦の功労者。新米兵士でもドローンは操作できても、現場で盗撮するスキルをもった人材を育成するのは大変そうだな。

 

つい最近までブラックホークダウンみたいな激しい銃撃戦が戦争映画のイメージだったけど、時代が変わってきたと痛感させられた映画だった。

 

 

 

 

人気のテニスコーチに学んだ人との接し方

テニス しょーもない考察 生活

ブログタイトルにテニスが含まれてるけど、ブログ開設から二ヶ月以上たって始めてのテニス記事。そもそも自分のテニスの実力は草トーで所詮敗退レベルなので、テニスの技術やギアのレビューを書いた所で、人の役に立たないどころか、マイナスの影響しか出ないと思うので、自分がテニスを通して学んだことや面白いと感じた話を記事にすることにした。

 

記事タイトルの人気のテニスコーチだけど、僕が7年通っているテニススクールの一番人気のあるコーチのことです。

そのコーチの人気ぶりは、初心者向けのクラスを受け持っているのに、上級者がわざわざ初心者クラスに来るほど。実際に僕も6年間コーチのレッスンに通っているが、上級クラスに上がらずずっと初心者クラスのままだ。

なぜ、それほどに人が寄ってくるのか?

勿論、そのコーチが魅力的だからだろう。男性でアラフォーでまあまあイケメン。面白いことを話すわけではなく、他のコーチに比べて口数も少ない。

よく風邪をひくので、この記事では病弱コーチと呼ぶことにした。

 

他のコーチがやらなくて、病弱コーチがやってることは、褒めること。

もうひとつが、やってるじゃなくてやらないこと。テニスコーチなんだけどテニスを教えない

 

褒めることと教えないことってテニスの技術的なことが関係ないので、日常生活のコミュニケーションにも活かせるのではないかと思ったわけです。

 

褒める

 

病弱コーチはとにかく褒める。わざとらしくてもしつこくても褒める。スクール生がいい球を打てば、「ナイスショット」ではなく「すごいっ!!」「うまいですね~」と言う。褒められ過ぎてスクール生も「私のことバカにしてるでしょ!」と言われるくらい褒める。

あと、プレーに関係ないところでも褒める。着用してるウェアに対して「おしゃれですね~」「かっこいいですね~」

容姿も褒める。「美人です!」「足が綺麗です!」は勿論のこと、母と娘が一緒にレッスンに参加してきたら「姉妹ですか?」

僕に対しては「イケメンです!」「さすがイケメン!」今までイケメンなんて言われたことないのに、病弱コーチはとにかくイケメンと言ってくる。イケメン責めを喰らうわけです。

 

いたってシンプルな事なんだけど、自分も実践しようと思うと意外と難しい。どこを褒めたらいいのか分からないし、会話の流れを遮って唐突に褒めセリフを言っていいのか躊躇してしまう。

あと、褒めるなら他の人に言われたことが無いような意外性のあることを言いたいという欲望が出てきてしまって、なかなか褒めれない。たぶん僕は褒め下手だ。

 

最近ラップバトルが流行ってるけど、ラッパーのように瞬時に相手の弱点をみつけてディスれるスキルがあれば、逆に相手の良いところもみつけて褒めることができそう。

ビートもないし、韻をふむ必要もないので簡単なはずだが、褒めに限らず普通の会話ですらなかなか言葉出てこない自分には難しいから、トレーニングが必要だね。

 

 愛され上手は褒め上手って言うし、病弱コーチもスクール生にモテてます。

 

教えない

 

褒め上手が人気者なのは、ありがちで当たり前だろって話だけど、もう1つの人気の理由が教えないである。

全く教えないわけないじゃないけど、極端に指導が少ない。90分のレッスンで一度もアドバイス等をしないことが多い。

テニスを教えることが仕事なのに、それを放棄するとは、柳生石舟斎が無刀の域に達したかのこどく、何かを悟ったのかあるいは仕事をさぼっているだけなのがは分からないが、本人に問い詰めると「オーバーティーチングと言うのありまて~」と返答が来たことがある。教えすぎはよくないという考えはあるようだ。

 

たしかに月1万円も払ってテニススクールに通うくらいなら、かなりのテニス好きだし、初心者でも基本的な打ち方など分かっている。正しいフォームで打ててないことくらい本人もわかってるわけで、頭の中にあるフォームと現実とのギャップを埋めるために練習してるので、テニスにおけるアドバイスの大半が受けた側は「そんなこと分かってるわ!」って内心思ってる。というか自分の気持ちがそんな感じなわけで、自分と同類も結構いるんじゃないってわけ。

その気持ちを理解してるから、あえてミスに対しては何も言わず、いい球を打てば褒めるというスタンスで淡々と球出しをして、レッスンを受けてる人に気分良くテニスをプレイさせるのが、病弱コーチのやり方だね。

 

日常生活でもいるよね。いちいちアドバイスをしたり、相手が知らないであろうことを教えてあげようみたいな人。おせっかいな人とか自分の知識をひけらかしたい人ってウザイよね。

 

だから、結局ところ誰にも言わないんだよね。褒めることが大事とか、教えすぎはよくないとか。こっそりブログで書いてますわ。

 

 

褒めると教えないはテニスに関係なく日常のコミュニケーションで必要なことなので、今回の記事に書いたけど、病弱コーチの具体的なテニスのレッスン内容もいずれ書こうと思ってるよ。

 

 

 

 

お酒の席で聞いた名言メモ

しょーもない考察 生活

自分はお酒が弱い。ビールを1杯飲めば顔が真っ赤になり、心臓の鼓動はバクバク。時間がたつと頭痛と吐き気に襲われる。そんな僕でも、飲み会は人が集まってくだらないこと語り合うのは楽しいと感じる。

酔っ払った時にしか出てこないような言葉は面白いというかカオスで日常生活では使わないので特に意味はないけど、記録しておこうと思う。

 

「酒の一滴、血の一滴」30代男性公務員

よくありがちなやつですね。俺は酒は残さんとぞ!全部飲み干すぞ!って時に言われる。

 

「酒道(さけどう)というのがありまして~」30代男性公務員

酒飲みには流派があるのかな?チャンポンはしないだとか、ちゃんと飲み干すまで次の杯に手を出さない的な意味なのかな?

 

「ノリって大事じゃん」20代女性フリーター

ビールや酎ハイは苦手だけど、テキーラは飲みますよって女。夜遊びにしますよ感を出してくる。

 

「文化的嗜好」30代男性テニスコーチ

テニススクールにDQNはいない。お金と時間に余裕のある人たちしか来ない。だからお客様はみんないい人たちばかり。なんてことを語ってましたな。

 

「お前。俺の若い頃にそっくりだな!」20代男性会社員

おじさんがこのセリフを言うのはありがちだけど、29歳の同い年が言ったことが衝撃だった。僕の感覚だと20代の精神年齢なんてみんな一緒くらいだと思ってたし、3つくらいしか年が変わらない相手に言ってたからね。まあ実年齢に関係なく経験値で話してるのかな?

自分も年下に説教するようになるのかな。

 

「飲んで吐いてを繰り返して強くなるんだよ」20代男性会社員

20歳越えたくらいの時に、高卒で大企業に就職した友人に言われた言葉。同い年でお酒が飲めるようになったのは最近なのに、なぜか酔うと先輩ヅラしてくるやつ。セリフもありがちとう言うか、テンプレ化してるレベルで語られても言葉に重みもない。ただイラッときたので、いつまでも言われた側は記憶に残る。まあ、自分の器が小さいのか。

 

 「○○は包容力あるよ」20代女性エステティシャン

○○に入るのは自分の名前である。これは飲み会ではなく、サシで飲んでた時に言われた言葉で、これの破壊力はハンパない。包容力がある=モテるじゃん。こんなこと言われたら男は誰しもこの女は自分に気があると思ってしまう。相手は酔っていたとはいえ絶対イケると確信した僕は後日、交際を申し込んだけど丁重にお断りされました。

 

「年間150回合コンしたけど、いい人がみつからなかった」30代女性会社員

年に150回も合コンできる人脈がすごい。これを言った本人は決してブスではなく、美人の部類に入るタイプだと思う。妥協というもの知らないのか、合コンで本気でパートナーを求めていないのか真意はわからない。そもそも150は盛りすぎだろ。

 

「あれ?もしかしてマグロですか?」オレ

合コンで童貞キャラに成り下がった自分が、調子に乗ってるブスにいい放った言葉。普段は初対面の異性には言えない。お酒って怖いね。

 

花村萬月の世界ですよ」30代男性公務員

唐突に花村萬月とか言われても読んだことないからね。でも気になって1冊読んでみたら、どうゆう世界観を伝えたかったのか分かった気がする。

 

スペーシアでスペルマを出しそうになった」30代男性公務員

 日光に年増の女と旅行したときに、東武鉄道の特急列車で迫られたそうです。語呂がいいだけで、酔ってるとなぜか爆笑してしまう。

「なんならここでチ○コ出しましょうか!?」30代男性会社員

 突然、立ち上がって合コンで言い放ったセリフ。もう女を抱きたい衝動を押さえきれなかったのでしょうか?相手の女性は愛想笑いで大人の対応をしてくれたので良かった。

 

「ブラジルはええぞ~。チ○ボ切られるで」30代男性公務員

何がいいのかさっぱりわからない。世界の女を抱いてきたと豪語するおじさんに南米の女の魅力を聞いて、言われた言葉。まあ、一途で嫉妬深いから、浮気なんてしたらアソコをちょん切られちゃうぞ。ってことなんだろうけど、本当に何がいいのかわからない。

 

「○○さん。セックスをなめるなぁ!!!!」30代男性会社員

○○に入るのは僕の名前です。合コンが不発で解散後に駅で手当たり次第ナンパしだしたお兄さんにたいして、僕が「なんであんなバババアに声かけるんですか?」といったら言われた言葉。意味は分からないけど心に響いた。

 

「お酒飲んで酔えなきゃただの高い飲み物ですよ」20代女性会社員

これはお酒の席じゃないけど、自分より6歳年下の女に言われた。

お酒が弱いことがコンプレックスな自分に対して、お酒が強い人なりに困ることがあるんじゃい。みたいな?

早濡より遅濡の方がツラいみたいな言い回しだよね。

 

お酒に関しては多くの偉人たちが名言・格言を残してあるけど、身近な酔っ払いにも耳を傾けてみるのも良いのではないか。意外とその人の本音や普段どんなことを考えているのか分かりそうだよね。

 

なんか面白いネタになりそうだから、飲み会で聞いた印象に残るセリフはメモをする習慣をつけようと思うよ。

 

 

 

 

 

MERU観て、ジミー・チンのInstagramをフォローしたの私です。

登山 映画

僕だけじゃないでしょう。メルーを観てジミー・チンって言うすんごいカメラマンの存在を知った人は!カメラマン?クライマー?よくこんな極限状態で撮影できるなー。なんか、娯楽としての映画というより普通に貴重な資料映像な感じ?

山の映像以外もプライベートな所も撮影されてるし、ロッキーのトレーニングみたいにダイジェストじゃなくて、早送りの筋トレ映像とか、ノンフィクションならではだね。メルーに対するハンパない覚悟が伝わってくる。

あと大怪我をして救急搬送してる所まで撮影しちゃうなんて、日本だと不謹慎厨が沸いてくるんじゃないかな。

 

ドキュメンタリー映画をあまり観たことがないけど、ドキュメンタリー映画の最高峰としよう。

「夢の国だ」みたいなセリフがあったけど、凍える寒さの断崖絶壁のテントの中で、無精髭のおっさんが楽しそうにしてる姿を見ると、いい意味で頭のおかしい人たちだな~って思うよね。

夢の国と言ったら、多くの日本人はディズニーランドのイメージだろうけど、やっぱり登山が好きな人たちは、誰も踏み入れることが出来ないような領域を夢の国と言うのかな?

僕もシンデレラ城より真っ白な山を見た方が気持ちは高ぶるけどね。


f:id:karaageakiratan:20170108104109j:image

去年始めて赤岳に行った時は超笑顔でしたな。自分にとっては十分なくらいの夢の国でしたわ。